« 春の立山連峰 | トップページ | コスモス! »

2011年6月17日 (金)

親睦 ハイキング

6月11日、群馬県(百名山)fuji吾妻耶山を月夜野登山口より目指しました。今回のパーティーは年齢的に小学生~83歳までと幅広く、吾妻耶山(標高1323m)山頂にて谷川連峰の眺望を楽しみに歩きましたが、時間的な問題・山ヒル騒動に遭遇して山頂は断念し、大峰山(標高1254m)の山頂に立ち、下山しました。 

『山ヒルは奇妙な生物なのでネットで調べて見た所、山ヒルは全長約1.5cm、動物の血を吸うのが特徴です。5月~10月が活動のピークで、山林でも渓流近くや雨上がりの山道など、湿っぽい場所には注意が必要。
 
山ビルに目はありませんが、人間の呼気を感知するセンサーを持っているため私たちの存在には敏感です。ひっそりと忍び寄ってきてすばやく服や靴の中に入りこみ、血を吸う際には痛みを感じさせない物質や、血液が固まるのを防ぐヒルジンという物質を分泌します。そのため、人間に気づかれずに自重の1020倍もの血液を吸うことができ、吸われた人は、ヒルジンのせいで出血が止まらなくなります。
 
山ビルが分泌する物質に毒性はありません。しかし、皮膚にはりつく山ビルの姿や、長時間出血が止まらない患部の状態に、はじめて被害を受けた人はパニックになるかもしれません。人によっては被害にあった後、かゆみや咬み跡が残ることもあります

私達一行は早朝まで大雨が降り、小雨になり始めた頃から登山を開始した。登山途中、山ヒルの生息地に入り込み、山ヒル騒動になる! 山ヒルの恐ろしさを体験した。

 

無地、下山後、猿ヶ京温泉にある「まんてん星の湯」に入り、さっぱり・・・苗場「山美小屋」にて福島県在住の家族も合流し、総勢21名で楽しい打ち上げ会にて盛り上がりました。

11611_001211611_0013_3






|
|

« 春の立山連峰 | トップページ | コスモス! »

山 」カテゴリの記事

コメント

有難うございました。
ヒルの貴重な体験も出来ました。
本当に狙われる人ほとんど 同じ人でしたね。
私も吸引はされませんでしたが 靴の間から入り込もうとしていたのが数匹!!本当にビックリです!!
しかし 彼らにとっては 彼らの安住の居住地に入り込んだ我々の方が厄介だったのかも知れません。
いずれにしても 自然の奥深さに改めて 敬服です。
どこの山行でもエピソードが有るものですね。
今回は全員で山頂に立てたと云う 快挙付きで最高です!!

投稿: たかちゃん | 2011年6月18日 (土) 16時14分

たかちゃん こんにちは!
ヒル騒動・・続きがあります。大峰山から下山し駐車場にて自分の靴と誰かが履いた長靴の底が泥だらけの為、それぞれゴミ袋に入れて車のトランクに入れ持ち帰りました。
自宅に戻り洗車場にて長靴を洗っていると・・何とヒルを発見・・ビックリ・・水道の水でヒルを洗い流し、車の中を再点検して家にも戻りひと安心。すると「家の奥さんがギャー」と叫び・・私の左腕にヒルが吸い付いているではないか。  本当に参りましたねshock

投稿: タムラ | 2011年6月20日 (月) 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194093/51967187

この記事へのトラックバック一覧です: 親睦 ハイキング:

« 春の立山連峰 | トップページ | コスモス! »